スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
薄毛の功名
【今日の要約】

薄毛は自分を変えるチャンス



久しぶりに更新。

チェックしたら毎日見てくださる方が結構いらっしゃるんですね。

ごめんなさい。近いうちに現状をアップします。



髪の毛が生えてくるとブログ更新のやる気がなくなりますね。

今思うと1,2か月くらいの効果が出始めたころが

ブログを書いていても一番楽しかった気がします。

あれから半年近くも経つんだなぁ。



昨年のクリスマスイブにもし髪が薄い事に気づかなかったら

10kg以上痩せる事なんて無かったろうし

睡眠不足で身体を壊しただろうし肌も荒れたままだったと思います。

特に酷かった背中のニキビのようなものがほとんどなくなり

背中を洗っていて痛みを感じる事がなくなりました。



あとは顔ですね。

洗顔していて凹凸を感じる事がほとんどなくなりました。

35年生きてきて生活がこんなに肌の状態に

直結しているなんて知りませんでした。

6時間睡眠を2日連続で守れなかったり、飲み会があると

翌日の洗顔ですぐにわかります。



本来なら規則正しい生活を続けるのが一番ですが、

社会人となるとそううまくはいかないもの。

こんな時は伊豆大島の祖母が送ってくれた椿油を使っています。

過剰な皮脂を溶かしてくれて上記の程度の肌荒れなら

すぐにわからなくなる程度になります。

頭皮マッサージの時に使うのもいいそうです。




もちろん椿油はかなり効きますが大事なのは生活習慣。

毎日使って害があるものでもありませんが

これだけに頼らず自分の身体から成長ホルモンを出しまくって

新陳代謝を良くしていきたいですね。

せっかく薄毛というチャンスをもらったのですから(^^)



自分はきっかけが薄毛で本当に良かったと思います。

日常生活に支障がある大きな病気でもないけれども

無視するには心理的ダメージが大きい。

こんなに都合のいい体からの救難信号ってなかなかありませんよね。
スポンサーサイト

テーマ:抜け毛・発毛・育毛 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

[2012/06/08 08:28] | モチベーション | トラックバック(1) | コメント(2) | page top
シーザーと月桂冠と薄毛
私がよく利用する長岡駅には不思議な時計があります。

とけい




書かれなくてもわかっとるっちゅうねん!ヾ(- -;)




と思わずニワカ関西弁が出てしまうくらいに

不思議な表示ですが、心の中でツッコミを入れるたびに

何となく楽しい気持ちになります。

毎日1%だけ気持ちをアゲてくれる存在があるって

楽しいですよね。


髪の悩みが絶頂にあった年末。

全ての人、特に女性と目が合うたびに

「この人は私の頭皮を見て残念だと思っている・・・」

などと無駄な被害妄想に陥り、1%ずつ気持ちが落ちていきました。


例えば電車に乗る前、車内、乗った後、バス亭、バスの中、職場と

6か所でそれぞれ5人と目があうたびに1%づつ落ちていたすると

仕事を始めるまでに26.1%テンションが下がっている事に。
(注:1%づつ落ちるので0.01×30ではなく0.99の30乗)

毎日がつまらなくなりますよね。


もちろん私が薄毛の方を見てもいちいち反応なんてしません。

佐々木希のそっくりさんが超薄毛だったら

惜しい!くらいには思うかもしれませんが

よほどの美男美女でなければ特に気にならない風景だと思います。


でも自分の心が反応してしまう。

それこそがアンアロの恐ろしいところ。

頭でわかっていても心がどうにもならないんです。

・・・テキストにすると恋に落ちた乙女心のようですね(^^;

むろんその背景には天と地ほどの開きがあります(笑)


そんな自分を本当に小さく思ったりもしたのですが、

薄毛に悩むのは小さい人間だけではないようです。

かのアリストテレスは薄毛対策に羊の尿を頭に塗り、

シーザーは月桂冠をかぶってごまかしたとか。


以下Wikipedia ガイウス・ユリウス・カエサル人物象より

カエサルは背が高く引き締まった体をしていたが、

当時の美男子の条件である「細身、女と見紛うほどの優男」にあてはまらなかった、

また頭髪が薄いことを政敵から攻撃されたため、はげた部分を隠すのに苦労していた。

このため、内戦を終結させた業績を認められたことにより、

いつ、どこでも月桂冠を被る特権を与えられた時は大変喜んだという。

なお、当時のカエサルが前髪の薄さを隠すためにしていた髪型はカエサルカット (Caesar cut) と

呼ばれており、ヨーロッパでは古くから典型的な男性の髪型の一種となっている。

また、てんかんの症状があったと伝わっている




以上、転載おわり。





冥王星くらい遠い存在だったシーザーが、2件先に引っ越して来たくらいに

急にごく近い存在になった感じがしません?(笑)

洋の東西を問わず薄毛に良いイメージは持たれていないようですね。



薄毛のイメージが悪い事が万国共通だとすると、

そのうち薄毛が肥満や喫煙者と並べられ自律が出来ない人の特徴として

挙げられる日が来てしまうのかも・・・なんて想像してしまいました。

もしかしたら既に人々の潜在意識の中にそれが刷り込まれているから

いざ自分に降りかかってきた時に焦るのかもしれません。


そう言えば最近読み直しているこの本、


先月までは何となく恥ずかしくて電車の中では読めませんでした。

薄毛である事より薄毛を気にしていることを

アカの他人に気づかれたくないと思っていたようです。

今考えてみると表紙をつければいいだけの話でしたけどね(^^;

テーマ:抜け毛・発毛・育毛 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

[2012/02/29 09:35] | モチベーション | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
育毛における遺伝の影響~ドリフの恨み~
【今日の要約】

1.おじいちゃんが薄毛でも薄毛になるとは限らない。

2.髪が薄くなりやすい体質と実際に薄くなる事は別の話。




薄毛が話題になると、たいてい次にに出てくるのが

「じいちゃん禿げてた?」

「両親がふさふさでも関係ないんだよ。」

のフレーズではないでしょうか。



完全に薄毛になる事が決定する遺伝子は確認されていませんが、

確かに薄くなりやすい体質の遺伝子(例:男性ホルモン過多になりやすい)は

確かにあるそうです。ただしおじいちゃんの話は間違っています。

恐らくもとになったのは中学生の理科で習ったメンデルの法則でしょう。




中学の理科で習ったメンデルの法則のように隔世遺伝が1世代挟んで

規則正しく表れる事はごくまれな現象で

毛髪については当てはまらないのだそうです。

これによれば親戚に薄毛が多ければ

薄毛になりやすい体質である可能性は高くなります。




だからと言って薄毛になりやすい体質と薄毛になるのは別の話。

長生きすれば人間だれしも必ず薄毛になります。

大事なのは自分が満足する状態をなるべく長くキープする事。

あきらめないで!



逆に遺伝子が薄毛になりにくいからと言って

不規則な生活で運動もせず暴飲暴食くりかえしていれば

近い将来、必ず薄毛になる事でしょう。

もっともその頃には髪など気にならないくらい

太って肌が荒れていることでしょうけど・・・。



このブログを見た友人からもよく聞かれます。

アデノバイタル効果あるの?って


私の専門は材料工学なので確かな事はわかりませんが

自分が使って効果が出ているのは確かです。


ただし生活習慣も改めています。

一刻も早く効果を出したかったのもありましたし、

約1か月半で6000円(定価、amazonだと約3500円)を

出し続けるのも嫌だったので。


使ってみると思ったより消費しないで済んでいるので

3か月くらいは持ちそうです。定価で買って1日60円くらい。

アマゾンで買えば安いし詰め替え用も出ています。

あ、詰め替え用だと自分のペースで使えば1日10円以下かぁ。

今気づきました(^^;



話を戻します。

要は薄毛になったからと言って全てを遺伝子のせいにせず

まずは出来る事を実行してみるところからはじめませんか?




勉強が出来ないという人は大抵、勉強時間が足りていないし、

体重が減らないという人は大抵、運動量が足りていないし、

身長が足りないという人は大抵、睡眠時間が足りていません。



私は背が190なのでよく10センチ分けてほしいと言われます。

(決して替わっては欲しくないそうです。あぁ確かに不便です(涙) )

そしてうちの子の背が伸びないけどどうしたら伸びるのかと聞かれれます。



背を伸ばすには十分な睡眠とカルシウムとタンパク質が必要です。

でも大抵のお母さんは栄養だけ気にして睡眠を軽視し

子供の夜更かしには目をつぶり高い薬や栄養補助食品を子供に散々与え

結果が出なかった時には必ず言います。

「結局遺伝子なのよねぇ」




遺伝子が身長に作用するのは25%。あとは生活習慣。

私の背が高いのは母が170あったのも確かにあると思います。

しかし、文献を参考に客観的に評価してみると

小学校を卒業するまで無理やり8時に寝ていたのが

一番大きかったようです。




別に自分の母の教育が良かったとか生活習慣が良かったとか

自慢したいわけじゃないんです。

あのころドリフやひょうきん族を見せてもらえなかった事が

自分にとってどれだけ辛かったか・・・(ry

テーマ:抜け毛・発毛・育毛 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

[2012/02/15 12:12] | モチベーション | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
究極の育毛モチベーション
ピンチです。育毛に飽きてきました。

早寝早起き、食習慣改善、育毛剤の利用、洗髪方法の変更など

一度始めてしまえば同じことの繰り返し。


少し薄くなったらあんなに焦っていたのに

ちょっと効果が出て気にならなくなったら

モチベーションが上がらないんですよね。


上がらないところで生活習慣が変わるわけではありませんが

ちょっとワクワク感がなってきました。



今まで育毛のモチベーションを上げてくれた事象ついて考えてみると・・・


1.剃り込み部が薄くなった時の危機感

⇒成果が出て危機は脱したと思い始めた


2.頭頂部の写真を見た時の危機感

⇒成果が出て危機は脱したと思い始めた


3.サッカーチームでハゲキャラ扱いされ始めた事

⇒最近出張ばかりで練習に行けていない


4.「まだまだ大丈夫だよ」と言う友人の言葉に優しさを感じた事

⇒最近出張ばかりで友人に会えていない


5.アデノバイタルの効果を確かめたかった事

⇒あっさり生えてきました。すごいで感想終わり・・・。


6.洗髪用ブラシの効果を確かめたかった事

⇒あっさり頭皮環境が改善しました。すごいで感想終わり・・・。


7.育毛理論を学ぶのが面白かった事

⇒未だに楽しいです


8.育毛が筋トレ、美容にもつながっていた事

⇒特に寝る事、食べる事について大きく意識が変わりました。

 
 アンチエイジングにも興味が出てきました。


9.短期間で成果を出したかった事

⇒たぶん月末には全く気にならなくなりそう。



対策は出張を減らしてアンチエイジングの視点で

楽しんでいくしかなさそうです。


ダイエットや筋トレ、美容なら限りなく上を目指せますが

育毛の場合はマイナスの物をゼロにするだけで

それ以上はあまり意味がないですね。

人の倍の速さで髪の毛生えてこられても困りますから。


究極の育毛モチベーションはアンチエイジングなんでしょうかね。

テーマ:抜け毛・発毛・育毛 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

[2012/02/03 12:00] | モチベーション | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
髪のプロからの話
Facebookの書き込みを見て、

いつも髪を切ってもらっている江川さんが

コメントをくれました。「いいものあります」と


彼は私が住んでいる町でL'eclatという理美容室店を開いていて

この小さな町にはもったいないくらいのキャリアの持ち主。

いつも新しい技術と情報の取得につとめている努力家です。

ちょうど髪を切るタイミングでもあったので、早速お店に。

レクラ




好きになった女性に彼氏がいるか聞くのを見計らうかのように

そわそわしながらいつもの通り馬鹿話をした後、

一番気になっている髪の話題を切り出したところ・・・



「あ、気付いちゃいましたか。

 そろそろケアした方がいいんじゃないかと思ってましたよ」



な~んて反応を予想していたのですが、意外な答えが。


「別に谷口さんだけじゃないですよ」


情けない話ですが、自分だけではないと言われるとすごくホッとします。

色々教えてもらったので覚えていることを、以下箇条書きで。





・30過ぎれば個人差はあるもののほとんどの人が髪に問題を抱えている。

 ⇒年々、髪の悩みを抱え始める年齢がどんどん早くなっている。

 ⇒女性でも同様。男性に比べ人に聞きづらく困っている人も多い。

・髪のケアは頭皮のケア。頭皮のケアは生活全体のケア。

 ⇒皮膚のケアだからニキビ予防と一緒ですね。

・シャンプーは目的に応じたものを。
 
 ⇒薄毛に悩む旦那が髪のツヤを出す妻のシャンプーを使うのは特に最悪

・この業界で噂になっている商品はある。同業の方が自身で試して明らかに効果が。

 ⇒理美容業界で髪に問題があるのはやはりイメージが良くないらしい。

 ⇒自分で試したわけではないので、絶対におススメ!と言えるものでもない。






正直言って、藁にもすがるような思いでした。

まさか自分の髪に問題が生じるとは、そして生じた際に

人に会うのも嫌になるくらい気になるとは思いませんでしたから(><)


とりあえず自分で現状をチェックする事に。

携帯で気になっていた剃り込みゾーンの写真を撮ろうとしたところ


「まずは頭頂部を撮ってみましょう」


え?だって気になっているのは剃り込み部分だし頭頂部なんて・・・

でも考えたら自分の頭頂部なんてほんとど見たことがないぞ。


つづく

テーマ:抜け毛・発毛・育毛 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

[2011/12/25 10:11] | モチベーション | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。